クロネコヤマト 引越し 単身パック ダンボール

忙しい人の味方・クロネコヤマト

 

荷物をとりあえずダンボールに詰めただけのような状態だったにも関わらず、クロネコヤマトの担当者の方は、専用の台車のようなものに素早く、しかも丁寧に積んでいきました。

 

梱包に不安があったところは、その場で補強してくれました。

 

荷物を積み込む時間は本当にあっという間でした。

 

その荷物が新居に届く日は、事前に時間の確認の電話があり、きちんと時間通りに届けてくれました。

 

他にも大型の家具や家電品も大量に届く予定が後に詰まっていたため、クロネコヤマトが予定の時間通りに届けに来てくれたことは大変ありがたかった。

 

届けられた荷物は、発送したときと変わらない状態で、食器一つも壊れることなく、無事に新居に収まりました。

 

発送時の担当者も配達の担当者も、どちらの方も明るく元気な挨拶をしてくれたので、引越しという忙しくて大変な状態でも気分良く作業をすることができました。

 

 

 

引越しを楽にするポイント

 

クロネコヤマトの引越し・単身パック版(ダンボール等について)

新しい新居に荷物が到着した時、どこの部屋におけばいいのか、ダンボールに記載しておくことが一番重要だと思っています。

 

これをするかしないかでは作業の効率が著しく違ってくると思います。

 

また、「とりあえず持っていこう」と思ったものは、100パーセント持って行かずに捨てるべきです。

 

「いるかいらないか迷った」イコール「いらない」です。

 

圧倒的に荷物の量が減らせて、それにより引越し運搬費用も大幅に節約できます。

 

しかも、あの時捨てなければよかったと思うことはほとんどないでしょう。

 

捨てるかどうか迷うほどの価値しかなかったものは捨てた時点で忘れてしまう存在です。

 

もし万が一必要になったらまた買えばいい。

 

そんなことにはならないと思いますが!

引越し先はどこが良い?(クロネコヤマトユーザー)

 

あまり田舎の方は住みたくないです。

 

車があってもしばらく走らないとコンビニも何もないような所は避けたいです。

昔からある一戸建ての住宅ばかり並んでいる住宅地は、町内のことがとか厳しそうな感じがします。

 

なので、同じ様な環境の人が集まっていそうな、アパートやマンションがいくつもあるところがいいです。

 

高速道路や大きな道路、駅や踏み切りなど騒音がうるさい場所はイヤです。

 

繁華街など夜すごく賑やかな場所もイヤです。

 

 

 

住みたい…となると、東京都の下北沢駅周辺を推したいです。

 

休みの日は都心へ行きたいので都心から近い場所または、乗り換えがあまりいらないところ。

 

でもビル街やすごく賑やか過ぎるのはイヤなので下北沢がちょうどいいかと思いました。

 

駅から少し離れれば、住宅地なので静かで住みやすそうなイメージがあります。

 

都心にも行きやすい場所なので、休みの日も気軽に出かけられるから便利そうな気がします。

 

古着屋や雑貨屋、カフェなど自分の好みの店も多いので休みや仕事帰りにふらっと寄り道したいと思います。

 

同じ都内なら、高円寺も良いですね。

 

駅前の商店街には、新鮮なお野菜やお肉など個人店も多く安心してお買い物ができるからです。

 

飲食店も多く、一人ご飯や家族でも楽しめるお店の幅が広く選びやすいのも魅力的ですね。

 

サブカルチャーのエリアでも有名で街を歩いていると古着屋からレコード屋と個性的な街並みも広がっています。

 

都心へのアクセスもよく遊びに出かけるにも不自由がないです。

 

三鷹、吉祥寺への近く緑が多い環境にも思い立ったらすぐに出かけることができますよ。