クロネコヤマト 単身パック

クロネコヤマトの単身パック・感想

 

クロネコヤマト単身パック/感想

当時大学生で、就職するにあたって本社のある土地に引越しをしました。

 

大学に引越し業者が来て引越し相談会を開催していたのですが、そこでの話と実際見積もりを出すために電話をしたコールセンターの方の話とが全く異なっていて困惑した覚えがあります。

 

相談会では「プロが実際に家の物量を見て見積もりを出すから安心して下さい」という話だったのですが、その見積もりをお願いしようと電話をかけてみたら「そんなことやっていませんよ。引越しの集荷日に初めて行くから、自分で単身引越しパック何個分になるか決めといてくださいね」という感じではねのけられました。

 

この業者に頼んで本当に大丈夫かな…という不安もありましたが、すでに予約で混み合っている時期だったので、仕方なくそこへ頼むことに。

 

荷物は当日時間通りに運んでもらえたので一安心でした。

 

引越しを楽にするポイント

 

一番大事なのは、事前にどれだけいらないものを減らせるか、ということだと思います。

 

私の場合、かなりの量の本があった為、ダンボール数が大量になってしまいました。

 

しかもすごく重い。

 

本棚をざっと見て「5箱で収まりそうだな」と思っても、箱に詰めてみると意外と入らないため予想の倍以上の箱数になってしまいました。

 

箱詰め作業の際に気付いてもなかなか捨てたり売りに行ったりするのも大変なので、その作業の前に事前に減らしておくことが重要だと思います。

 

その他には、ダンボールそのものには入れた物を書くとは思いますが、「服?」「服?」だけだと、あとあとどれから先に開ければいいのかわからなくなります。

 

私の場合は手帳と携帯に「服?…カーディガン類、服?…Tシャツとブラウス」のような感じでメモしておきました。

 

例えば、春服の箱を開けたいのに開けたら冬のコートだった!ということがなくなるので便利です。

 

引越しアドバイス

 

荷物の整理方法について

引越しの際、一番大変なのが、荷物の整理だと思います。

 

私はもともとモノが多い方だったのですが、モノが多いほど、引越しにはお金がかかる。

 

ということで、これをいい機会にして、荷物を減らすことを考えました。

 

不用品は出来るだけリサイクル店等で買い取ってもらいました。

 

荷物を減らすことで、引越しコストを軽減し、リサイクル店等で買い取ってもらった浮いたお金を引越し費用に回すという好循環を実現しました。

 

買取のちょっとしたコツについてです。

 

リサイクル店も今はたくさんありますが、よく見るとその店が特化している商品がわかります。

 

例えば、ここは古着をたくさん置いているがブランドものの掘り出しものが多い、ここは電化製品が多い等。

 

その店が何を特化しているのかを見て、自分の売るものをチョイスしていきます。

 

そうすると他の店よりも高く買い取ってくれることが多いです。

 

きっと需要と供給が成り立つからだと思います。

 

家具の扱いについて

洗濯機の裏側や、ベッドと壁の隙間等に物が落ちていないか事前に確認することをお勧めします。

 

大きな家具や家電は自分では動かせないため、業者さん任せで当日までそのままにしておいたのですが、せめて、床や壁との隙間を覗いてみるべきてした。

 

引っ越し当日、ベッドを業者さんがベッドを動かすと、ベッドの下はホコリまみれ。

 

嫌な予感がして、大型家電の下を確認するために台所に向かうと冷蔵庫はすでに搬出済み。

 

さらに洗面所を覗くと洗濯機も搬出済み。

 

そして、洗濯機と壁の隙間に落ちていたらしいホコリまみれの下着。

 

絶望を感じながら、業者さんが戻ってくる前に慌てて下着を回収しました。

 

あれ以来、洗濯機やベッドの壁や床との隙間はこまめにチェックしています。

クロネコヤマト単身パック/感想記事一覧

引越し後の新生活

4〜5年前長女を出産し実家に産前産後2ヶ月ほど帰省して自宅アパートに戻ってきた頃のことです。夏が終わり秋めいてきたくらいのことでした。私は新しい方が隣の部屋に越したことはしらなかったのですが、夜中、授乳で何度も起きている私はすぐに気づきました。夜中、リビングの方ですごく響き渡るほどの犬のきゃんきゃん...

≫続きを読む